会社は10年、娘は20年。



気がつけば早いもので、会社が10年目を迎えた今年、娘は二十歳。小さい頃はケラケラと笑いながらカメラの前に立ってくれてた娘さんも、大きくなるにつれてなかなかカメラの前には立たなくなってきた。久しぶりにカメラの前に立ってくれたのが二十歳の着物写真。確かに大きくなったもんだ。



仕事では、いつも役者さんやモデルさんには指示するのだけど、なかなか自分の娘だと照れてしまって指示ができない自分に少し笑った。そこまで親バカではないので、大きくなって早く独り立ちしてほしいと心から願う。今は家で通るワガママも世間では通用しないこと。自分の思った通りにいかないことが多いこと。自分の味方、自分の敵がまた現れること。ここからは父ではなく世間が教えてくれる。力強く生きていってほしいと願うばかり。もう君は大人なんだから。




65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示