最終更新: 2020年7月20日


10周年だと気付いてから最近やけに思うこと。そういえば懐かしい話してない!まーこんな世の中ですから常に前を向いて行かなくてはならない毎日なので、懐かしい話から最近遠ざかっていたなと。気がつけばこの10年で僕だけではなく色んなことが変わってますし、10年前の僕は特にあまりイイヤツではなかった気もする。自分のルーツを探しながらも、当時を思い出し、ガムシャラにやっていた自分を思い出す為にというと、今ダラダラしてる訳でもないのですが、簡単に言えば。懐かしい話がしたい!10周年ですし、ありがちですがお世話になった方や、僕の10年以上昔を知る方々など10人との対談をしてみようと考えました。今は新型コロナで商売なども大変な時代、昔は良かった!ということもなく、昔は昔で色々大変で、そんなことを超えてきた方々との対談はもしかしたらこの時代を乗り切るヒントにもなるかもしれないかなと。それと、懐かしい話ししませんか?ってお誘いするのもなかなかなくて面白いかも♪とも思ったり。もちろん未来の話や今の考えも聞いてみたりもしたいです。別ページを設けてご紹介していきますのでご興味ある方、グラフィック・トイには興味なくとも、対談していただける方々にご興味ある方は是非ご覧になっていただきたいです。

対談していただける方々の人柄が懐かしい話からも見えてくるのではないかなと。オジサン

...うーんまだオジサンとは言われたくないと言ったら、コジサンがいいのでは?と言ってくれた方がいましたので、コジサンは10年経った今、懐かしい話に花咲かせたいです。





47回の閲覧0件のコメント

最終更新: 2020年7月20日



進学塾仙台あおば学舎さまは僕にとって会社にしてから一番長くお付き合いしていただいているクライアントさんです。10年前のスタート時、仙台あおば学舎さまはまだ教室の準備中で事務所もなく、教室を開設する物件を探し回っていた仙台あおば学舎の佐藤社長を思い出します。アタッシュケースに大量の資料を持ち、たった一人でほとんど寝る時間もなく、自分の考える進学塾を設立するために走り回ってました。もう一人、代理店勤務の大久保さんもその一人です。残念ながら他界してしまいましたが、よく三人で話したことも思い出します。新型コロナウィルスで皆んな大変な時代になったとは思いますが、あの時何か新しく始めようと考えた人たちの努力する姿は、こんな時代だからこそもっと今の人にも必要な力なのではないかなと思います。若い頃は「年寄りの言うこと聞いても意味ない!」などと思ってましたが、やはり大変な時代を超えた方、大変な思いで会社を立ち上げた方々のお話は聞くべきだなと思います。全く同じにはできなくても、話の中に何かヒントがあるのでは?と

思いながら聞いてくれればおじさん達は嬉しいのだろうとも思います。多分僕も♪ヒントを見つけて残りの90パーセント以上は自分の新しい考えで挑んでいくのも悪くないのかな?なんて考えます。




102回の閲覧0件のコメント

広告 プロモーション © 2020 by susumu tamura​ graphictoy gratoy.net

〒980-0803宮城県仙台市青葉区国分町1-8-14仙台協立第二ビル5FTEL: 022-398-4353FAX: 022-797-4884

  • ブラックTwitterのアイコン