最終更新: 2020年9月25日




10周年の企画で、無料のご相談とご提案までを年内受け付けることにしました。ご相談聞かせていただいた企業さまや経営者さまのご紹介などしいけたらなと思います。この10年間、これを作ってください!というお仕事はあまりなく。どちらかと言えば相談からのお仕事が多かった気がして。新型コロナに色々と悩まされているこの時代にさらにご相談が増えてます。せっかくの10周年企画ですので、今回はオモシロイアイデア浮かんだんだけど!とか、このアイデアだったらイケるでしょ!というオモシロイことを考えてる経営者やお店のオーナーなどの無料相談会を開催してみようかな?と(来るかわかりませんが♪)実現可能かどうかはさておき、現状を変えていこう!とういう意気込みのある方々のアイデア相談を聞いて桂文枝さんの新婚さんが来る番組のように椅子をひっくり返してみたいです♪宮城県限定でご相談を来月1日から12月23日までお電話、サイトのお問い合わせフォームなどから受付ます。異端児に会えたら楽しいだろうなーと。それとご相談者さんと本当に出来たことなどがご紹介できたらとも思ってます。ご相談者さんいらっしゃい♪




41回の閲覧0件のコメント


ベニーニョ、ベニーニャの誕生秘話。ベニーランドの八木園長と東日本大震災後に、仙台近隣地域の観光活性化を考えてみたいな〜と考えてまたもや自主出版で制作をした八木山3歩がキッカケでした。冊子の情報ナビゲーションをしてくれる何かキャラみたいなものあったらいいなーと考え、ベニーランドのマークを擬人化するとどうなるかな?とイラストで書き起こしてみたのが始まり。急にマークをキャラクターに変貌させたのにもかかわらず、八木園長は快く承諾していただき、イラストでのベニーランドキャラクターが生まれました。ベニーニョ、ベニーニャの名付け親はもちろん八木園長。その後せっかくのキャラクター誕生なので、園内で子供達と触れ合ってもらいたい!と考え、着ぐるみをグラフィック・トイで作ってみたい♪とこれまた八木園長に相談。で、これまた快く承諾していただき、8年ほど前にベニーニョの着ぐるみがデビューしました。



10周年を迎え、ずっと一人ぼっちだったベニーニョですが。女の子のベニーニャをついに着ぐるみ化しようと考え、来月2020.8.8日に二人揃った姿がベニーランドでお披露目されます。新しい生活様式に合わせてのお披露目ですので、近くでのキャラクターとの接触などは制限されてしまいますが、ベニーニョ、ベニーニャグッズなどをお買い上げの方は、アルコール消毒後にベニーニャ、ベニーニョに挟まれての写真撮影会なども検討してます。そのほか、またちょっと地域連携の計画をコソコソ考えてますが、それはまた動き出しましたらお伝えしたいと思います。なんだかんだと長い間わがままを聞いてくれてる八木園長さま。

本当ありがとうございます!




40回の閲覧0件のコメント

最終更新: 2020年7月20日



東日本大震災の直後に、自主的に作りはじめた「東北は負けない」。自分でお金まで出して。多分70万くらいはかかってたと思う。もしかしたら新型コロナで広告が減ってる今もだと思うけど、とにかく広告は災害があると一番最初に自粛される。全く作るものなかったですね当時は。で考えたのは人助け!ではないです。一番気になったのは、依頼がないと作るものがない!と感じてしまった自分ですね。結果なんらかの人助けにはなってたのかもしれませんが、何よりも広告を作ってきた自分が、仕事の依頼がないと作るものがない。と感じてしまったという残念な気持ち。依頼者がいて頼まれないと作って世に出せないと思う依頼依存からの脱却を考えていたのが一番でした。現在も旅行関係や飲食店などクラウドファンディングを利用をして助けよう!というのが流行りのようですが、誰かを助けよう!助けたい!と思う気持ちは本当にすごい。気になるのは、あれがこうだと、こうなってしまっては、人が来なきゃで、とにかく助けて欲しいという人。依頼依存、現状依存、日常依存、確かに何かに依存したり、頼ったり、あてにしたりして生きてるのが人だとは思いますが。まず、依存せずに生きていける方法を考えてみるのも必要なのかなと僕は思ったりします。でそんな考えの人なら僕も助けたい。やっぱりまずは己で頑張ってみよう!頭をフル回転させ出したアイディアを応援したい。単純に助けよう!クラウドファンディングで!という呼び掛けが僕の中ではアイディアとは思わないのかもしれません。炎上するかもですが♪どんな困難でも小さなアイディアで乗り切ろうという努力が助けたい気持ちを呼び起こすのかなと。助けてください!と叫ぶのはアイデアかな?なんて思ったりもしますが、まー大変なのも僕も同じくわかります。簡単ではないのも。だからアイデアで誰かを救いたいとも同時に思います。これまた炎上したら社員に怒られるな♪東北の方々は震災を経験してる。あの頃に比べたら!とアイデアを出して生きていきましょう♪僕も出すけど、誰かの優れたアイデア見たいです♪旅館も旅行も、飲食も、新しい生活習慣の中でコレは頭イイな!というアイデア見たいです♪すごいな!って感動したいですね。依存の話しなど話し合う機会があった10年でしたが、まだまだ僕自身も色んなものや人に依存して生きてるので偉そうなことは言えないのですが。頑張ってみますに。








52回の閲覧0件のコメント

広告 プロモーション © 2020 by susumu tamura​ graphictoy gratoy.net

〒980-0803宮城県仙台市青葉区国分町1-8-14仙台協立第二ビル5FTEL: 022-398-4353FAX: 022-797-4884

  • ブラックTwitterのアイコン